東京都市町村職員研修所
ホーム > 研修紹介 > 研修所講師 > 久保淳講師
◆ プロフィール
 特別講師
 久保 淳(くぼ あつし)
 経歴
 

昭和55年福生市役所入庁。秘書広報課長、議会事務局次長、教育総務課長、教育部長、生活環境部長を経て令和3年3月退職。選挙管理委員会事務局長として再任用ののち、令和4年4月から当研修所講師に着任。

 登壇科目
  新入職員から中堅職員までの職層別研修、政策課題研究ほか
 その他
 

趣味は映画観賞です。学生時代には自主映画製作も関わりましたが、多くの人たちが完成に向かって工夫したり、汗をかいたりというところが面白味でありました。そうした経験は社会人になっても知恵として何かと役に立っています。現在は専ら鑑賞ですが、オンライン配信も多くなり、劇場で見知らぬ人たちとひとつの作品を共有することが減っていることが寂しい半面、映像文化にとって新しい時代が到来してきたという期待も持っています。

 研修生へのメッセージ
 

コロナウイルスの拡大により私たちの社会は一変しました。自治体においてもこれまで前例のない対応を迫られています。また、国際情勢や国内の動きもめまぐるしいことはいうまでもありません。将来への不安や戸惑いもあるかと思いますが、研修を通じて皆さんが危機意識と改革意欲を持ち、新しい課題に積極的に取り組んでいただく一助になればと思っています。

  研修情報誌「こだま」等への掲載