東京都市町村職員研修所
ホーム > 研修紹介 > 研修所講師 > 川田誠講師

◆ プロフィール
 特別講師
 川田 誠(かわだ まこと)
 経歴
  昭和55年府中市役所入庁。市民活動支援課長、児童青少年課長、総務管理課長、介護保険・高齢者支援課長、福祉保健部長、子ども政策担当理事等を歴任し、平成30年3月退職。同年4月より研修所の特別講師に着任。
 登壇科目
 

公務員倫理、地方財政制度、地方自治制度、自治体法務、自治体政策等

 その他
  趣味は、合気道です。約40年間続けています。合気道を通じて、心身の鍛錬はもちろんのこと、物事に向かっていく積極的な姿勢、そして、継続することの大切さを学んできました。
また、共に稽古に励む仲間たちは、職業や年齢もさまざまで、とかく公務員の立場から物事を見がちな自分に、異なった視点から新鮮な気づきを与えてくれます。
これからも、人との出会いを大切に、楽しみながら稽古を続けたいと思います。
 研修生へのメッセージ
  我々の自治体を取り巻く環境は、依然として厳しいものがあります。少子高齢化や各種施設の老朽化、災害対策、そしてオリンピック・パラリンピックへの準備など職員が英知を結集して対応しなければならない課題が山積しています。
また、市民からの期待とともに行政サービスの需要もますます増加し、迅速で的確な対応が求められていま
す。
研修を通じて、皆さんと一緒にこれらの課題について研究し、解決のヒントにつなげていきたいと考えていま
す。
  研修情報誌「こだま」等への掲載
  こだま112号