ホーム > 研修紹介 > 平成30年度 研修概要と実績 > ワード(実践レイアウトテクニック編) 研修実績
研修実績
情報処理研修
ワード(実践レイアウトテクニック編)
目標 ・デザインやレイアウトの基本的な知識や、ちらし、ポスターなどを作成するためのWordの操作知識や実践的な技術を身に付け、事務処理能力の向上を図る。
・自己啓発への動機づけや、効率的な事務処理への意識を醸成する。
向上能力 業務遂行
対象 Wordの基本的な機能を理解している職員で、業務上、当該ソフトの実践的な活用方法の習得が必要とされる職員
研修日程 【第1回】 7/25(水) 【第2回】 8/28(火) 日数 1日
【第3回】11/26(月) 【第4回】 1/17(木) 時間 6:30
実施科目 科 目 名 時間数 科 目 内 容 方  法
ワード 6:30 ・紙面作りの前に
・写真をトリミングした紙面作り
・段組みを使った紙面作り
・地図を作成する
実  習
講師 第1〜3回 株式会社ベネフル総合研究所 山田和朗 伊藤充史
使用
ソフト
Microsoft Word 2016
難易度 ★★★☆ 受講を検討する場合、研修所ウェブサイトの「事前適性チェック」を必ず行い、受講レベルをご確認ください。
修了人員 第1回 29人 第2回 28人
第3回 28人 第4回 人 計 85人
参加した研修生の声
・ワードでも使いこなせば良いデザインのものが作れると知って驚いた。
・紙面づくりの前の基礎等、操作以外のことも学ぶことができ、今後のワード文章作成の参考になった。
・ワードの図形編集時の効率的なテクニックを学べたので、業務で苦手意識なく取り組めるようになれたと思う。
・補足説明の部分が補助テキストに載っていないときがあるので、載っているとさらに集中できる。
感想用紙集計
(※5段階評価中「5」又は「4」と回答した人の割合)
修得したいスキルが修得できた。 81%
今後の業務に役立つ内容だった。 92%
意識変化につながった。 85%