ホーム > 研修紹介 > 平成30年度 研修概要と実績 > 地方自治法 研修実績
研修実績
法務研修
地方自治法
目標 ・地方自治法の体系や解釈、関連する判例や行政実例に関する知識の習得を図る。
・政策法務能力の下地となる法的素養を身に付け、地方自治法の的確な解釈や運用能力の向上を図る。
・法的知識の習得に対する自己啓発への動機づけや、地方公務員としての自覚を醸成する。
向上能力 課題解決、政策法務、専門知識・技能、業務遂行
対象 新任研修(T期)を修了した職員で、地方自治法の知識が必要とされる職員
(在職5年程度向けの内容)
研修日程 【第1回】 6/12(火)〜14(木) 【第2回】 9/26(水)〜28(金) 日数 3日
【第3回】12/10(月)〜12(水) 時間 19:30
【第4回】 2/19(火)〜20(水)、2/25(月) - -
実施科目 科 目 名 時間数 科 目 内 容 方  法
地方自治法 19:30 ・地方自治の意義とその保障
・国と地方公共団体の役割分担
・地方公共団体と区域
・地方公共団体の住民
・地方公共団体の仕事と自治権
・地方公共団体の仕組み
・地方公共団体の財務
・公の施設
・国と地方公共団体の関係に関するルール
・都道府県と市町村の関係
講  義
演  習
講師 第1・2回 研修所特別講師 水越寿彦
第3回 元研修所特別講師 小島敏行
第4回 研修所特別講師 川田誠
修了人員 第1回 53人 第2回 58人
第3回 人 第4回 人 計 111人
参加した研修生の声
・日頃行っている業務のベースには自治法が存在しているということを再認識できた。
・法制課に異動してみたいと感じた。
・昇任試験の勉強をする上でのモチベーションアップに繋がりました。
・演習問題が少し難しく感じた。
感想用紙集計
(※5段階評価中「5」又は「4」と回答した人の割合)
講義の内容が理解できた。 87%
意識変化につながった。 84%