ホーム > 研修紹介 > 平成30年度 研修概要と実績 > 講師養成研修(中堅職員の役割)  研修実績
研修実績
講師養成研修
講師養成研修(中堅職員の役割)
目標 ・講師としての指導方法や登壇予定の科目に関する知識の習得を図る。
・講師に必要な登壇予定科目に関する指導能力の向上を図る。
・職員を育成する心構えを身に付け、部下の指導育成に対する意識の醸成を図る。
向上能力 プレゼンテーション、指導育成
対象 講師養成研修(基礎科)を修了した係長職以上で、研修所研修の当該科目に講師として登壇予定のある職員
研修日程 7/11(水)〜13(金) 日数 3日
時間 19:30
実施科目 科 目 名 時間数 科 目 内 容 方  法
中堅職員の役割 19:30 職層別研修・能力向上部門実施科目「中堅職員の役割」を実際に体験したうえで、中堅職員の役割を認識させ、OJT・コーチング等のコミュニケーション能力を身につけるための指導方法を学ぶ。 講  義
演  習
実  習
講師 研修所特別講師 水越寿彦
修了人員 13 人
参加した研修生の声
・実践的な内容で、講義のポイントや注意点、配慮のし方が大変勉強になった。
・講師や他の受講生から意見もらい、自分の強み・弱みを知る貴重な経験となった。
・自分のスキルやノウハウを後輩に伝えて人財育成に貢献したいという気持ちが大きくなった。
・登壇実習が1人2回できるとよかった。
感想用紙集計
(※5段階評価中「5」又は「4」と回答した人の割合)
講義の内容が理解できた。 100%
今後の業務に役立つ内容だった。 100%
意識変化につながった。 95%