ホーム > 研修紹介 > 平成29年度 研修概要と実績 > 男女共同参画研修 研修実績
研修実績
特別研修
男女共同参画研修
目標 ・男女共同参画をめぐる社会及び自治体の動向や、男女共同参画の基礎となる考え方を理解する。
・男女共同参画社会の実現のため、身近なことやできることから、少しずつ行動に移すためのきっかけをつくる。
向上能力 一般教養
対象 全職員
研修日程 【第1回】10/20(金) 【第2回】2/16(金) 日数 0.5日
時間 3:15
実施科目 科 目 名 時間数 科 目 内 容 方  法
男女共同参画社会の形成 3:15 ・男女共同参画社会の形成の現状と課題
・男女共同参画社会の形成の促進に関する地方公共団体の責務
・男女共同参画社会形成のための方策
(ワークライフバランスや女性の社会進出、女性に対する暴力などをテーマとして取り上げて講義を行います。)
講  義
討  議
講師 第1回 株式会社ニッセイ基礎研究所主任研究員 土堤内昭雄
第2回 立教大学社会学部/大学院21世紀社会デザイン研究科教授
    認定特定非営利活動法人日本NPOセンター副代表理事 萩原なつ子
テーマ ワークライフバランス
修了人員 第1回 169人 第2回 162人 計 331人
参加した研修生の声
・ワークライフバランスは過労対策だと思っていたが、現代日本の抱える様々な課題を解決し得る方策であると気づけた。
・働き方について改めて考える機会となり、今後の働き方に活用できる意識の持ち方を発見できた。
・他の人と話し合うことで、自分にない視点や、想像できない意見や体験を聞くことができ、参考になった。
・討議時間が少し短く感じたので、もう少し掘り下げて話し合える時間がほしかった。
感想用紙集計
(※5段階評価中「5」又は「4」と回答した人の割合)
講義の内容が理解できた。 95%
今後の業務に役立つ内容だった。 84%        
意識変化につながった。 89%