ホーム > 研修紹介 > 平成29年度 研修概要と実績 > 人権啓発研修 研修実績
研修実績
特別研修
人権啓発研修
目標 ・人権問題に関する基礎的知識の習得を図る。
・高い人権意識の向上を図る。
・継続的な人権意識の醸成を図る。
向上能力 一般教養
対象 全職員(平成29年度に新任研修(T期)又は転職者研修(T期)を受講した者を除く。)
研修日程 【第1回】 8/31(木) 【第2回】12/ 4(月) 日数 0.5日
【第3回】 2/22(木) 各回午後実施(13:15〜16:30) 時間 3:15
実施科目 科 目 名 時間数 科 目 内 容 方  法
人権啓発 3:15 各回テーマを中心に同和問題をはじめとする人権問題について学ぶ。 講  義
講師 第1・2回 公益財団法人東京都人権啓発センター 古田武夫
第3回 NPО法人自立生活センター・東大和理事長 海老原宏美
テーマ 第1・2回 同和問題
第3回 障害者の人権
修了人員 第1回 133人 第2回 137人
第3回 234人 計 504人
参加した研修生の声
【平成29年度第1・2回の研修テーマ】同和問題
・今まで人権を難しく考えていたが、講義を受けて、もっと身近にあるものだと思うようになった。
・ホワイトボードや映像、冊子などの資料も充実していて同和問題、人権についての理解が深まった。
・行政として諸問題に対する取り組み方について、「寝た子を起こすな論」のスタンスを取らずに行動することが参考になった。
・事例検討の時間がもう少し長い方がよい。

【平成29年度第3回の研修テーマ】障害者の人権
・障害とは、各々の意識や態度、価値観次第であることに気づいた。
・障害者権利条約や障害の定義(社会モデル)など障害者を取り巻く環境を理解し、自治体職員として継続的に人権意識を醸成する必要があると感じた。
・障害というものを意識して過ごしていなかったため、自分の中で固定観念が出来てしまっていた事に気がついた良い機会だった。
・人権を尊重することはとても意義がある一方で、介護やヘルパーなど費用面との兼ね合いは出てくると思うのでそのバランスについても学びたかった。

感想用紙集計
(※5段階評価中「5」又は「4」と回答した人の割合)
講義の内容が理解できた。 90%
今後の業務に役立つ内容だった。 77%
意識変化につながった。 81%