ホーム > 研修紹介 > 平成29年度 研修概要と実績 > 下水道科 研修概要
実務研修 事業部門
下水道科(奇数年度)
目標 ・下水道法や下水道の維持管理に関する知識の習得を図る。
・下水道行政に携わる職員として必要な業務遂行能力の向上を図る。
・適切な下水道行政を行うための課題を認識し、業務改善意欲の向上を図る。
向上能力 専門知識・技能、業務遂行
対象 原則として実務経験2年未満の職員
研修日程 9/12(火)〜13(水) 日数 2日
時間 13:00
実施科目 科 目 名 時間数 科 目 内 容 方  法
下水道行政 9:45 ・下水道行政 講  義
事例研究 3:15 ・グループ討議による事例研究 討  議
講師 【下水道行政】
 東京都職員講師
 東京都都市づくり公社職員講師
【事例研究】
 市町村職員講師
研修所メッセージ
・この研修は、下水道行政の現状や下水道法、各種設備の維持管理等の下水道行政全般について幅広く学ぶことができる内容となっています。
・事務職、技術職問わず、下水道行政に携わる方であればどなたでもご参加いただけます。
・広く基礎的な知識の修得を目指した内容であることから、研修は座学講義形式で実施します。
・講師は、下水道行政に長らく携わっている東京都職員や市町村職員などが務めることから、現場の写真を使った解説など、より具体的な事例を取り上げた内容となっています。
参加した研修生の声
・あたらめて基礎的、体系的な内容を確認できた。
・他団体の整備状況や処理方法を理解し、興味を持つことができた。
・自分の担当外のことを聞けて大変参考になり、それぞれの知識を今後の仕事に生かしていきたい。
・各科目間で講義の内容に重複があるので、内容を精査すれば1時間は短縮できるのではないか。