ホーム > 研修紹介 > 平成29年度 研修概要と実績 > 子育て支援科 研修実績
研修実績
実務研修 事業部門
子育て支援科
目標 ・子育て支援行政に必要な知識、関係機関との連携に関する知識の習得を図る。
・子育て支援行政に携わる職員として必要な業務遂行能力の向上を図る。
・グループワークによる他団体職員との情報交換を通じ、他団体職員とのネットワーク形成と、業務改善意識の醸成を図る。
向上能力 専門知識・技能、情報収集・活用、業務遂行
対象 子育て支援行政に携わる職員
研修日程 9/ 5(火) 日数 1日
時間 6:30
実施科目 科 目 名 時間数 科 目 内 容 方  法
子育て支援行政の現状と課題 6:30 子育て支援行政の現状と課題を学ぶ。 講  義
討  議
講師 外部有識者
テーマ 家庭教育支援〜子どもの貧困〜 
修了人員 30人
参加した研修生の声
・当たり前のことが当たり前でなく、普通の生活レベルに単身世帯を近づけるにはどうすればよいのか、考えさせられた。
・子どもの貧困は、親や行政だけの取り組みだけはなく、学校、、幼稚園、保育園、地域等が多層的に連携しないと解決は困難と感じた。
・居場所の概念、あり方について、利用対象者の自発性・選択の自由をどう実現させることが出来るか、改めて考えさせられた。
・川崎市の取り組み、沖縄での調査など、刺激を受けた。今後の市での取り組みに生かしたい。
・内容が良かったので、2日間の研修でもう少し掘り下げても良かったと思う。
感想用紙集計
(※5段階評価中「5」又は「4」と回答した人の割合)
講義の内容が理解できた。 100%
今後の業務に役立つ内容だった。 90%
意識変化につながった。 100%