ホーム > 研修紹介 > 平成29年度 研修概要と実績 > 廃棄物対策科 研修概要
実務研修 事業部門
廃棄物対策科
目標 ・廃棄物の処理及び清掃に関する法律や、ごみ減量など、廃棄物行政に関する知識の習得を図る。
・廃棄物処理に携わる職員として必要な業務遂行能力の向上を図る。
・グループワークによる他団体職員との情報交換を通じ、人的ネットワークの形成と、業務改善意識の醸成を図る。
向上能力 専門知識・技能、業務遂行
対象 原則として実務経験1年未満の職員
研修日程 12/ 4(月)〜 5(火) 日数 2日
時間 13:00
実施科目 科 目 名 時間数 科 目 内 容 方  法
ごみ減量対策 6:30 ・なぜごみ減量化か
・ごみ減量に有効な「見える化」
・「見える化」手法としてのごみ有料化
・自治体比較情報の「見える化」
・排出ルールの「見える化」
・生ごみの減量対策
・民間ルート活用による資源化推進
・事業所ごみマネジメントシステムの導入
講  義
討  議
廃棄物処理関連法概説 6:30 ・廃棄物処理法の概要
・一般廃棄物の基礎知識
・実務のポイント
・循環型社会の形成に向けた3R政策
・一般廃棄物処理システムの基礎知識
講  義
講師 外部有識者
研修所メッセージ
・事務職、技術職を問わず、廃棄物行政に携わる方であればどなたでもご参加いただけます。
・研修は、広く基礎的な知識の習得を目指すため、講義中心ですが、「ごみ減量対策」で一部グループ討議を行います。平成28年度は「ごみ排出の適正化にどう取り組むか」、「生ごみをどう減らすか」、「雑がみの分別・資源化にどう取り組むか」というテーマで話し合いました。
・グループ討議は、他の団体との情報交換ともなります。今後の業務に役立てるよう他団体の方とのネットワークづくりとしても活用してください。
・講師は、廃棄物行政に長らく携わった元自治体職員などが務めます。
参加した研修生の声
・実務上疑問に感じていた内容の説明が聞けて、とても勉強になった。
・他団体の取り組みや全国の廃棄物行政の現状など、普段知る機会のないことを多く学び、とても有意義だった。
・ごみ行政に関して、勉強すべきポイントが明確になった。
・初めて聞く言葉や専門用語も多かったため、少し理解が難しかった。