ホーム > 研修紹介 > 平成29年度 研修概要と実績 > 法人住民税科(中級) 研修概要
実務研修 税務部門
法人住民税科(中級)(奇数年度)
目標 ・法人住民税の適正な課税業務に必要な地方税法等について、応用的な知識の習得を図る。
・困難事例や解釈が分かれる事例等、現場で生じるさまざまな問題を解決する能力の向上を図る。
・グループワークによる他団体職員との情報交換を通じ、人的ネットワークの形成と、業務改善意識の醸成を図る。
向上能力 専門知識・技能、業務遂行
対象 実務経験1年以上の職員
研修日程 8/17(木) 日数 1日
時間 6:30
実施科目 科 目 名 時間数 科 目 内 容 方  法
法人住民税 6:30 ・地方税法総則関係事例演習
・課税関係事例演習
講  義
演  習
講師 公益財団法人東京税務協会 専門講師
研修所メッセージ
・研修時間の多くを演習問題に割り当てます。
・演習では実際の税額計算等を行いますので、実務経験が必須となります。基礎的知識に関する講義は初級で行うため、本研修では行いません。
・演習問題のうち数問は事前課題「実務上で問題となっている具体的な事例」から設問に充てるなど、実務上の必要な知識や、身近な問題が学べるよう工夫しています。
・グループ演習では様々な事例問題を討議する中で、他市町村の研修生との情報交換にもなります。今後の業務に役立てるようネットワークづくりとしても活用してください。
・講師は自治体職員として課税業務を長く経験され、退職後に東京税務協会の専門講師になられた方を選任しています。
参加した研修生の声
・業務の根拠規定等が理解できたので、窓口等で分りやすい説明ができるよう心掛けたい。
・自信のなかった箇所を解説してもらえたので、自信がついた。
・システムによらない計算の大切さを再確認した。
・演習中に、他自治体の実務的な話が聞けたので、とても参考になった。