ホーム > 研修紹介 > 平成29年度 研修概要と実績 > 個人住民税科(中級) 研修概要
実務研修 税務部門
個人住民税科(中級)
目標 ・個人住民税の適正な課税業務に必要な地方税法等について、応用的な知識の習得を図る。
・困難事例や解釈が分かれる事例等、現場で生じるさまざまな問題を解決する能力の向上を図る。
・グループワークによる他団体職員との情報交換を通じ、人的ネットワークの形成と、業務改善意識の醸成を図る。
向上能力 専門知識・技能、業務遂行
対象 実務経験1年以上の職員
研修日程 9/14(木)〜15(金) 日数 2日
時間 13:00
実施科目 科 目 名 時間数 科 目 内 容 方  法
個人住民税 13:00 ・地方税法総則関係事例演習
・課税関係事例演習
講  義
演  習
講師 公益財団法人東京税務協会 専門講師
研修所メッセージ
・講義では個人住民税科(初級)と比べ、更に踏み込んだ内容をお伝えします。
・演習問題を多く取り入れ、税制改正のポイントや運用上注意すべき点などにも触れるなど、実務に即した内容です。
・個人演習では計算問題を中心に行い、普段システムで自動計算されている内容の根拠等を再確認します。
・グループ演習では様々な事例問題を討議します。他市町村の研修生との情報交換にもなりますので、今後の業務に役立てるようネットワークづくりとしても活用してください。
・講師は、自治体職員として課税業務を長く経験され、退職後に東京税務協会の専門講師になられた方を選任しています。
参加した研修生の声
・演習問題の内容が高度であり、自分の理解度を再認識できた。
・他団体の職員と話す機会が持てて有意義だった。
・システムに頼っている部分が多く、自分で計算する重要さがわかった。
・住民税の計算問題にもう少し時間を使ってほしかった。