ホーム > 研修紹介 > 平成29年度 研修概要と実績 > 徴収科(初級) 研修概要
実務研修 税務部門
徴収科(初級)
目標 ・地方税の徴収業務に必要な地方税法等の基礎的な知識の習得を図る。
・地方税徴収のための業務遂行能力及び住民等への説明能力の向上を図る。
・根拠法令を理解することの重要性を認識し、必要な能力の向上に向けた意識の醸成を図る。
向上能力 専門知識・技能、業務遂行
対象 実務経験1年未満の職員
研修日程 5/16(火)〜17(水) 日数 2日
時間 13:00
実施科目 科 目 名 時間数 科 目 内 容 方  法
徴収 13:00 ・地方税概論
・滞納整理の基本(流れに沿った滞納整理)
・納税義務の承継
・連帯納税義務
・第二次納税義務
・納税の告知
・地方税優先の原則及び地方税と他の債権との調整
・納税の猶予
・徴収権の消滅時効
・書類の送達
・罰則
・滞納整理のための調査、滞納処分
講  義
演  習
講師 公益財団法人東京税務協会 専門講師
研修所メッセージ
・本研修(初級)は講義中心の研修となります。中級は演習を中心に行います。
・地方税の基礎知識から徴収の事例まで、徴収事務にかかわる幅広い知識の習得をすることができます。
・講師は、東京都主税局で長く実務に携わっており貴重な経験談も聞くことができます。ぜひ実務の参考にしてください。
参加した研修生の声
・徴税吏員の心構えについて学べたのが良かった。明日から心新たに職務を遂行していきたい。
・DVDなどの資料で分かりやすく理解でき、実践に活かせると感じた。
・講師の経験に基づいた説得力がある講義だった。現場で色々と試して自分に合った方法を構築していきたい。
・業務が忙しく、勉強の時間がなかなか取れないので、もっと長い研修で基礎固めがしたい。