ホーム > 研修紹介 > 平成29年度 研修概要と実績 > 情報システム調達導入科 研修概要
実務研修 総務・一般部門
情報システム調達導入科
目標 ・情報システムの契約書や仕様書の作成等の調達導入に関する知識を身につけ、業務遂行能力の向上を図る。
・適切な情報システム調達導入を行うための課題を認識し、業務改善意欲の向上を図る。
向上能力 専門知識・技能、業務遂行
対象 情報システム担当課職員としての実務経験2年未満の職員又は各課業務の情報システム担当者でシステムに関わる通算年数が2年未満の職員
研修日程 6/22(木)〜23(金) 日数 2日
時間 13:00
実施科目 科 目 名 時間数 科 目 内 容 方  法
情報システムの調達と管理 13:00 ・情報システム調達における基本的な流れ
・情報システムに係る動向
・情報システムの基礎技術と知っておきたい開発技法
・情報提供依頼書、調達仕様書及び契約書の作成
・開発プロセスの管理
講  義
討  議
講師 民間会社講師
研修所メッセージ
・情報システムの調達や導入は、情報システム担当課の職員に限らず、各事務担当課の職員が担うことが多くなっています。
・本研修では、情報システム調達導入を行うにあたって必要となる基礎的な知識と手法を学びます。
・内容は、初任者向けに、基礎的な用語解説から情報システム開発を取り巻く状況、各種書類の作成、開発管理まで幅広い内容で実施します。
参加した研修生の声
・従事年数の浅い職員を対象とした研修であったため、用語の説明等、分かりやすく解説があって良かった。
・実務に近い形での演習だったので、今後の業務に活かしやすいと思った。
・OJTで教わっていた個々の知識が、1つにつながった上に、教わっていない部分の補完もできた。
・できれば「実際には自治体ではこうやってます」という実態も知りたかった。