ホーム > 研修紹介 > 平成29年度 研修概要と実績 > 契約科 研修実績
研修実績
実務研修 総務・一般部門
契約科(奇数年度)
目標 ・地方自治体の契約に係る各種法令等の基礎的知識の習得を図る。
・契約事務に携わる職員としての役割を認識し、適切な業務遂行能力の向上を図る。
・グループワークによる他団体職員との情報交換を通じ、他団体職員とのネットワーク形成と、業務改善意識の醸成を図る。
向上能力 専門知識・技能、業務遂行
対象 原則として実務経験2年未満の職員
研修日程 11/27(月)〜28(火) 日数 2日
時間 13:00
実施科目 科 目 名 時間数 科 目 内 容 方  法
地方公共団体の契約制度 6:30 ・契約関係法解説
・地方公共団体が締結する契約
・契約の締結権限
・契約の方法と手続き
・契約実務上の問題点
・契約の情報公開
・新しい入札
(総合評価方式、VE方式等)
・契約制度
講  義
演  習
請負契約 3:15 ・請負契約
・競争入札
・随意契約
講  義
演  習
物品購入契約 3:15 ・物品購入契約
・業者の選定
・単価契約
講  義
演  習
講師 【地方公共団体の契約制度】
 調布市総務部契約課物品担当係長 安倍俊雄
【請負契約】
 国立市行政管理部総務課契約係長 島ア健司
【物品購入契約】
 町田市財務部契約課物品契約係長 松田英隆
修了人員 55人
参加した研修生の声
・日常業務の中では、制度や法律について学ぶ時間がなかなかとれないので、有意義だった。
・実際に経験したことがない事例についても考えることができたので、実際に対応する際の参考にしたい。
・団体によって様々な解釈や運用があるとわかったので、視野を広げて自身の団体の事務を改善していきたい。
・演習問題の設問は、前提条件をもうすこし細かく設定してほしかった。
感想用紙集計
(※5段階評価中「5」又は「4」と回答した人の割合)
今後の業務に役立つ内容だった。 81%
意識変化につながった。 85%