ホーム > 研修紹介 > 平成29年度 研修概要と実績 > 財政科 研修実績
研修実績
実務研修 総務・一般部門
財政科(奇数年度)
目標 ・予算事務関係業務に関して、関係法令等の業務上必要な基礎的知識の習得を図る。
・予算事務関係職員としての必要な業務遂行能力の向上を図る。
・グループワークによる他団体職員との情報交換を通じ、他団体職員とのネットワーク形成と、業務改善意識の醸成を図る。
向上能力 専門知識・技能、業務遂行
対象 原則として実務経験2年未満の職員
研修日程 8/14(月)〜15(火) 日数 2日
時間 13:00
実施科目 科 目 名 時間数 科 目 内 容 方  法
予算編成、執行管理 6:30 ・予算の意義、原則
・予算編成の方法
・予算見積書の作成
・予算要求の集計と査定
・予算様式と分類
・予算の組み方
・継続費、繰越明許費、債務負担行為の立て方
・暫定予算、特別会計予算、補正予算
・予算執行管理の意義
・予算の配当
・支出負担行為に対する管理統制
・地方債制度
・決算
講  義
演  習
財政分析 3:15 ・地方財政健全化と公会計改革の財政分析 講  義
事例研究 3:15 ・グループ討議による事例研究
・財政業務の運用について
討  議
講師 【予算編成、執行管理】【事例研究】
 西東京市都市整備部道路建設課課長補佐 門倉利明
【財政分析】
 武蔵大学経済学部教授 広田啓朗
修了人員 57人
参加した研修生の声
・財政の用語や考え方について、再確認する良い機会となりました。
・他市にも同じような状況や課題があり、それに対して様々な解決のためのアイデアがあるのだなと思いました。参考になるアイデアもあり今後の業務に取り入れていきたい。
・公会計など新たな業務が増えていく中で、市民の厳しい目に耐えうる予算を作成し、決算分析をしていかなければと思った。
・もう少し実務上の事例や具体的に突っ込んだ話が聞けるとよいと思いました。
感想用紙集計
(※5段階評価中「5」又は「4」と回答した人の割合)
今後の業務に役立つ内容だった。 81%
意識変化につながった。 84%