ホーム > 研修紹介 > 平成29年度 研修概要と実績 > ○○研修 研修実績
研修実績
8 実務研修
実務研修 総務・一般部門
例規作成実務科
目標 ・条例や規則の形式、その制定や改正の方法などの基礎的知識の習得を図る。
・条例作成の一連の流れを把握するとともに、その作成や改正、又はその審査等に必要な技法の習得を図る。
・政策実現の手段の一つとしての条例や規則の役割を理解し、政策法務能力向上の意欲の醸成を図る。
向上能力 専門知識・技能、業務遂行
対象 法制担当職員として実務経験1年未満の職員又は例規作成に関する知識、技法が必要とされる職員
研修日程 7/ 6(木)〜 7(金) 日数 2日
※日程を変更しております。 時間 13:00
実施科目 科 目 名 時間数 科 目 内 容 方  法
法制執務総論 6:30 ・法令、例規の種類
・条例、規則等の形式と構成
・条例、規則等の用語の使い方、表現方法
・条例、規則等の一部改正
講  義
演  習
事例研究 6:30 ・グループ討議による事例研究 討  議
講師 町田市総務部法制課長 浦田博之
修了人員 32人
参加した研修生の声
・今まで業務の中で例規をなんとなく読んでいるだけだったが、読み方や考え方、例規とは何なのかという基本的な部分を学ぶことができたことから、例規に対する意識が変わった。
・現在要綱改正をしようとしているところで、全く知識がなく困っていたが、研修を受講したことによりルールが分かったので、積極的に取り組みたい。
・解釈の疑義が生じないよう、読み手に分かりやすい例規になるよう心掛けたい。
・条例改正の可能性がある職場や、法律に基づいて業務を行う部署の方にも受講してほしいと感じた。
感想用紙集計
(※5段階評価中「5」又は「4」と回答した人の割合)
今後の業務に役立つ内容だった。 97%
意識変化につながった。 97%