ホーム > 研修紹介 > 平成29年度 研修概要と実績 > 中堅技術職研修 研修実績
研修実績
技術職研修
中堅技術職研修(奇数年度)
目標 ・各テーマにおける技術の最新動向に関する知識の習得を図る。
・技術職として先進事例や他団体の具体例に関する知識を身に付けることにより、事例対応力の向上を図る。
・グループワークによる他団体職員との情報交換を通じ、ネットワーク形成と業務改善意識の醸成を図る。
向上能力 専門知識・技能、業務遂行
対象 技術系職員として基礎的知識を有し、かつ実務経験5年以上の職員
研修日程 10/10(火) 日数 1日
時間 6:30
実施科目 科 目 名 時間数 科 目 内 容 方  法
基調講義 0:55 ・公共施設の維持管理 講  義
討  議
2:20 ・施設管理におけるリスクマネジメント(リスクマネジメントの手法を用いた維持保全の進め方について学ぶ。)
事例研究 3:15 ・グループ討議による事例研究
講師 【基調講義 公共施設の維持管理】
 特定非営利活動法人地域と行政を支える技術フォーラム講師 澤田雅之
【基調講義 施設管理におけるリスクマネジメント】
 特定非営利活動法人地域と行政を支える技術フォーラム講師 石川敏行
【事例研究】
 立川市行政管理部品質管理課 大石明生 笠井邦彦 北林央之 越沼直彦
 町田市総務部工事品質課 鳥塚昌弘 山田行雄 中村浩一郎 渋谷幸男
テーマ 公共施設の維持・保全
修了人員 32人
参加した研修生の声
・維持管理を意識した整備の重要性を再認識した。
・広い視点と課題の背景をしっかりと把握しなくてはいけないと改めて考えさせられました。
・他市の中堅職員の方と交流し刺激を受けるとともに、自分も今後そういった方たちとともに仕事をしていくのだという実感が湧きました。
・更に発展した話も聞いてみたい。
感想用紙集計
(※5段階評価中「5」又は「4」と回答した人の割合)
今後の職務に役立つ内容だった。 75%
意識変化につながった。 94%