ホーム > 研修紹介 > 平成29年度 研修概要と実績 > 建築構造科 研修実績
研修実績
技術職研修
建築構造科(奇数年度)
目標 ・建築基準法や構造審査の概要など、建築構造に関する知識の習得を図る。
・設計、審査から工事の発注、管理までにおいて、より高い品質と安全性のための、的確な構造設計監理や構造体検査などを正確に行う能力の向上を図る。
・適切に業務を行うための課題を認識し、業務改善意欲の向上を図る。
向上能力 専門知識・技能、業務遂行
対象 営繕、建築指導等において、設計、工事監理、工事発注、設計審査(構造)等を担当する技術系職員。ただし、技術系職員を配置していない団体については、事務系職員でも可とする。
研修日程 11/14(火)〜15(水) 日数 2日
時間 13:00
実施科目 科 目 名 時間数 科 目 内 容 方  法
建築基準法及び建築構造・審査・構造体検査の概要 9:45 ・建築基準法の基本的概念
・構造耐力関係規定の概要
・鉄筋コンクリート造の構造審査
・鉄骨造の構造審査
・構造体検査について
・施工上注意すべき点について
講  義
事例研究 3:15 ・グループ討議による事例研究 討  議
講師 一般財団法人日本建築センター情報事業部専門役 春原匡利
修了人員 31人
参加した研修生の声
・構造における建築確認審査について、基礎から知ることができ、今後、審査業務を行う際の参考となった。
・検査方法について、様々な時代背景が関係していることを知り、1つの接合部でもしっかりと確認していきたい。
・事例研究のグループ討議の中で、経験豊富な方からの意見を聞くことができ、大変勉強になりました。
・時間の関係でテキストの内容が終わらず、一部が飛ばされてしまったのが残念でした。
感想用紙集計
(※5段階評価中「5」又は「4」と回答した人の割合)
今後の職務に役立つ内容だった。 68%
意識変化につながった。 91%