ホーム > 研修紹介 > 平成29年度 研修概要と実績 > 建築構造科 研修概要
技術職研修
建築構造科(奇数年度)
目標 ・建築基準法や構造審査の概要など、建築構造に関する知識の習得を図る。
・設計、審査から工事の発注、管理までにおいて、より高い品質と安全性のための、的確な構造設計監理や構造体検査などを正確に行う能力の向上を図る。
・適切に業務を行うための課題を認識し、業務改善意欲の向上を図る。
向上能力 専門知識・技能、業務遂行
対象 営繕、建築指導等において、設計、工事監理、工事発注、設計審査(構造)等を担当する技術系職員。ただし、技術系職員を配置していない団体については、事務系職員でも可とする。
研修日程 11/14(火)〜15(水) 日数 2日
時間 13:00
実施科目 科 目 名 時間数 科 目 内 容 方  法
建築基準法及び建築構造・審査・構造体検査の概要 9:45 ・建築基準法の基本的概念
・構造耐力関係規定の概要
・鉄筋コンクリート造の構造審査
・鉄骨造の構造審査
・構造体検査について
・施工上注意すべき点について
講  義
事例研究 3:15 ・グループ討議による事例研究 討  議
講師 民間会社講師
研修所メッセージ
・災害から市民の生命や財産を守るため、また防災上重要な公共建築物の安全性の確保という観点から、構造設計等の監理機能の強化や、建築構造についての知識向上が求められています。
・設計、工事監理、工事発注、設計審査(構造)等を担当する方を対象として、建築の分野の中でも専門性が高く、実務において身につけることが難しい「建築構造」の考え方の基本となる部分について、講義を中心に実施します(この研修は建築構造の基礎知識があることを前提に講義を行います。)。
参加した研修生の声
・知らない知識が多々あった。とても勉強になったので、自学につなげたい。
・これまで難しい分野と敬遠していたが、積極的に挑戦する動機づけになった。
・現在行っている業務の見直しを積極的に行いたい。
・事務系には専門的でかなり難しい内容だった。建築行為に必要な条件の話も機会があれば聞いてみたい。