ホーム > 研修紹介 > 平成29年度 研修概要と実績 > エクセルVBAマクロ 研修概要
情報処理研修
エクセルVBAマクロ [旧:表計算VBAマクロ]
目標 ・ExcelでVBA、マクロを操作するための知識や実践的な技術を身に付け、事務処理能力の向上を図る。
・自己啓発への動機づけや、効率的な事務処理への意識を醸成する。
向上能力 業務遂行
対象 Excelの応用的な機能を理解している職員で、業務上、当該機能の基本操作の習得が必要とされる職員
研修日程 【第1回】 5/25(木)〜26(金) 【第2回】 9/12(火)〜13(水) 日数 2日
時間 13:00
実施科目 科 目 名 時間数 科 目 内 容 方  法
エクセルVBAマクロ 13:00 ・マクロを始める
・複雑なマクロを記録する
・相対参照を使ったマクロを記録する
・VBAの基本を知る
・VBAを使ってセルの内容を操作する
・VBAのコードを見やすく整える
・同じ処理を繰り返し実行する
・条件を指定して実行する処理を変える
・ワークシートとブックを操作する
・もっとマクロを使いこなす
実  習
講師 株式会社日本経営データ・センター 講師
使用
ソフト
Microsoft Excel 2016 使用
テキスト
できるExcel マクロ&VBA 作業の効率化&スピードアップに役立つ本 2016/2013/2010/2007対応(インプレス)
難易度 ★★★★ 受講を検討する場合、研修所ウェブサイトの「事前適性チェック」を必ず行い、受講レベルをご確認ください。
研修所メッセージ
・Excelの上級クラスにあたる研修で、VBAとマクロ操作を学びます。
・高度な機能を学ぶ研修のため、「エクセル中級」レベルの操作ができる方が対象です。
・VBAやマクロは、使えると大変便利な機能ですが、独学で身につけるには非常に難しい部分があるため、受講すれば講師の丁寧で分かりやすい説明によりスムーズに学習できます。
・メイン講師が研修室前方で操作説明し、アシスタント講師1人が後方から研修生をフォローしながら進行します。
・講師は情報システムに関する各種資格を持つ、インストラクターの経験が豊富な方々です。
参加した研修生の声
・例月で行っている業務がマクロによって誤りを少なくできるのではといった、業務改善への気付きにつながった。
・作成者のみがわかるコードを使用せず、メンテナンスしやすい作りにすることの重要性を改めて理解した。
・自分から進んで勉強するのは難しいと思っていたが、内容がわかり、自分でも勉強していけそうだと感じた。
・練習問題が少なかったので、もう少し実践的に演習できる時間があるとよかった。