ホーム > 研修紹介 > 平成29年度 研修概要と実績 > 地方財政 研修実績
研修実績
自治体経営研修
地方財政
目標 ・自治体を取り巻く現状と課題や、日々の業務の基礎となる財政の制度や仕組みに関する知識の習得を図る。
・政策実現のために、財政に関する知識を活用する能力の向上を図る。
・現在の財政状況への危機意識や現行の地方財政制度への課題意識の醸成を図る。
向上能力 課題発見、専門知識・技能、業務遂行
対象 新任研修(T期)を修了した職員で、地方財政の知識が必要とされる職員
(在職5年程度向けの内容)
研修日程 【第1回】11/28(火)〜30(木) 【第2回】 2/14(水)〜16(金) 日数 3日
時間 19:30
実施科目 科 目 名 時間数 科 目 内 容 方  法
地方財政の現状と課題 3:15 ・地方財政に関する最新の動向 講  義
財政 16:15 ・財政の意義と役割
・地方財政の仕組み
・自治体の財政収入と財政支出
・自治体の予算と決算
・収入と支出の手続き
・自治体財政の現状と健全化への取組み
講  義
演  習
講師 【地方財政の現状と課題】
 第1回 東洋大学経済学部教授 中澤克佳
 第2回 武蔵大学経済学部教授 広田啓朗
【財政】
 研修所特別講師 曽我好男
修了人員 第1回 34人 第2回 41人 計 75人
参加した研修生の声
・予算編成時に携わった業務が様々な法律に基づいていることを知り、改めて自らの業務が法律に基づいているということを意識することができた。
・普段の業務の中では財政について詳しく勉強する機会がなかったので、学べてよかった。
・5年10年先をみて、考えていくべき内容を知ることができた。
・他自治体の職員と財政について話をする時間がほしかった。
感想用紙集計
(※5段階評価中「5」又は「4」と回答した人の割合)
講義の内容が理解できた。 84%
意識変化につながった。 90%