ホーム > 研修紹介 > 平成29年度 研修概要と実績 > 立法法務 研修概要
自治体経営研修
立法法務
目標 ・研修テーマとして設定された、自治体が直面している重要な政策課題に関する知識やその課題解決のための政策形成と条例作成に関する知識の習得を図る。
・各種情報の収集、活用を行い、地域や組織に潜在する課題を発見し、条例により解決手段を具体化する能力の向上を図る。
・長期間に及ぶ他自治体職員との交流により、人的ネットワークの形成と、危機意識や改革意識の醸成を図る。
向上能力 政策形成、課題発見、情報収集・活用、課題解決、企画・政策立案、政策法務
対象 原則として在職5年以上の職員で、政策法務能力が必要とされる職員
研修日程 8/ 4(金)、 8/21(月)、 9/ 8(金)、 9/20(水)、 日数 8日
10/11(水)、10/30(月)、11/10(金)、12/14(木) 時間 52:00
実施科目 科 目 名 時間数 科 目 内 容 方  法
調査・研究 48:45 ・自治体の現状と課題
・政策法務論
・グループによる調査、研究、条例作成、報告書作成
講  義
討  議
成果発表 3:15 ・研修成果の発表 発  表
講師 研修所特別講師 水越寿彦 曽我好男
テーマ 地域で支え合う災害対策
テーマ趣旨
 東日本大震災では、その想定を超えた被害の前に、自らも被災した基礎自治体の行政活動の限界があらわになった。多摩地域においても、都心南部直下地震の発生をはじめ、地球温暖化による気候変動の影響で激甚化する災害など、明日にも起こりうる大災害のリスクを想定して対策に取り組まなければならない。
 事前に災害に備え、地域の被害を軽減する「減災」を実現するためには、公共部門が主体となった施策のみでは不十分であり、住民個人の行動や、地域コミュニティーの活動などによる自発的な支え合いが不可欠であるが、それらを手助けするためには、やはり行政の幅広く積極的な環境整備や働きかけが求められる。そのためには、防災のみならず、地域コミュニティー、福祉、まちづくり分野などを含めた、総合的な対策を考えなければならない。
 この研修では、行政として住民の安全な生活を確保するために、地域で支え合う効果的な災害対策を検討し、それを実現するための条例づくりに取り組んでいく。
研修所メッセージ
・設定されたテーマに対して、約4か月にわたってグループで調査、研究を行い、1つの条例を作成するゼミナール型の研修です。
・主な研修の流れとしては、自治体の置かれている現状と抱えている政策課題を分析し、そこから具体的な政策を考え、課題解決の手段としての条例を作成します。
・条例作成の過程では、立法目的、立法事実を明確にした上で条例の内容検討へと進み、法制実務の経験のある講師から整合性、適法性等の確認を受けて、条文を作り上げていきます。
・研修の進行状況により、研修生からの要望があり研修所が必要と認めた場合は、研修日程を追加する場合があります。
・「政策形成能力の向上」、「法務能力の向上」、「他団体の研修生との強い絆」など日常業務だけでは経験できない貴重なものを得ることができます。
・演習がメインの研修です。講師をアドバイザーとして、自分たちで進行方法を考え、調査、研究を進めていくため、プロジェクト管理の手法も身に付けることができます。
参加した研修生の声
【平成28年度の研修テーマ】落書き防止対策
【本科生の声】
・グループでの議論に対し、講師から具体的なアドバイスをいただいた。議論中には気づかなかったことを指摘していただいたことで、より深い議論ができた。
・ある問題について議論したことを、前提から全く知らない人たちに対して分かりやすく説明するという得難い体験として、勉強になった。
・他の自治体の方の経験、知識、スキルなどに刺激を受け、自分もさらにレベルアップしなければと感じた。
・条例を作成する上での背景分析や問題点の把握の重要性が認識できた。
・もう少し期間を縮めて、密度を濃くしてほしい。2週間空くと議論が抜けてしまう。

【成果発表会参加者の声】
・落書きの問題点、その解決策、課題が非常にわかりやすく、それに対しての条例制定の意義や内容がよくまとめられていた。
・所属団体では落書き防止に関する条例が存在しないため、今後市内の落書き状況を考えたときに条例制定に向けた動機づけとなるものだった。
・長期間にわたる研修だけあって、丁寧に検討を重ねて出来上がった条例等だったと思いう。研修生の「がんばり」が発表で伝わってきた。
・課題を抽出し、その対策を施策にまとめることは、行政職員として成長するために必要なスキルであり本研修の意義はここにあると考える。今後の業務に直接間接に活用していただきたい。
 研修生用ページ
 研修生用ページはこちら(※アクセスにはパスワードが必要です。)