ホーム > 研修紹介 > 平成29年度 研修概要と実績 > ファシリテーション 研修概要
職層別研修 能力向上部門
ファシリテーション  〜円滑な意思決定と合意形成のために〜
目標 ・会議や調整、折衝・交渉の話し合いなどで、円滑な意思決定と合意形成を図るために必要な知識の習得を図る。
・会議などにおける目標達成や成果の最大化のために必要となるコミュニケーション、調整、折衝交渉能力の向上を図る。
・会議や調整、合意形成の場をとりまとめる役割を認識する。
向上能力 コミュニケーション、調整、折衝交渉
対象 係長職以上で、会議等で円滑な意思決定と合意形成を行うための能力を身につけたい職員
研修日程 8/14(月)〜15(火) 日数 2日
時間 13:00
実施科目 科 目 名 時間数 科 目 内 容 方  法
ファシリテーション 13:00 ・ファシリテーターとは
・ファシリテーションスキルアップ
・ファシリテーション演習
講  義
演  習
講師 株式会社スプリングフィールド 講師
研修所メッセージ
・ファシリテーションとは、話し合いなどを円滑に進行し、目標達成や成果の最大化を目指して、組織や参加者の活性化を促進させる能力という意味で使われています。
・会議をはじめ、職場内のコミュニケーションや地域との協働など様々な場面において、ファシリテーションが職員に求められています。
・本研修では、表現法のペアワークや様々な場面を想定した実践的な模擬会議演習を通じて、スキルアップを目指します。
・内容をよりきめ細かくし、研修効果を向上させるため、研修対象は係長職以上の方に限定します。
参加した研修生の声
・何をするにしても人心掌握というが、コミュニケーションの大切が痛感させられた。
・チームで業務を行うため、チームのメンバー1人1人とコミュニケーションをしっかり取り、人となりを理解することが、あらゆる業務遂行や会議進行につながっていくと実感した。
・会議の開始前、最初の段取りや目的の共有が、会議の進行を大きく左右することが分かった。
・何度も繰り返しファシリテーターの実習が出来て、体で覚えることができた。
・スケジュールがタイトであったため、もう少し余裕があると良かったと思う。