ホーム > 研修紹介 > 平成29年度 研修概要と実績 > アサーティブコミュニケーション(主任・主事向け) 研修概要
 職層別研修 能力向上部門
アサーティブコミュニケーション(主任・主事向け)
  〜より円滑な人間関係を築くために〜
目標 ・コミュニケーションを円滑に行うための知識の習得を図る。
・相手に配慮をしつつ的確に自己を表現するコミュニケーション能力の向上を図る。
・職場内だけではなく、さまざまな人とのコミュニケーションにおいて、円滑な関係を構築する意識を醸成する。
向上能力 コミュニケーション
対象 相手の立場に配慮しつつも、言いにくいことを伝える技術を身につけたい職員
研修日程 【第1回】 5/18(木) 【第2回】 9/29(金) 日数 1日
【第3回】10/18(水) 時間 6:30
実施科目 科 目 名 時間数 科 目 内 容 方  法
アサーティブコミュニケーション 6:30 ・コミュニケーションの重要性
・アサーティブな表現とは
・傾聴力(話の聴き方)
・伝え方
講  義
演  習
講師 株式会社マネジメントサポート 講師
研修所メッセージ
・主に組織内部におけるコミュニケーションの事例を想定して進めます。
・上司、先輩、部下、後輩の他、同僚だけでなく、役所に来るお客様に対しても非常に有効な手法です。
・良好な人間関係の構築は、職場や、個々の職員のメンタルヘルスを高めることにもつながります。
・アサーティブコミュニケーションを体得するために、ロールプレイを含めたワーク主体の研修になります。
参加した研修生の声
・伝えたい相手と同じ土俵に乗る為に、共通認識を作るべきとの指導に共感した。
・講師の話し方や話す内容に説得力があって、マネしたいと思った。
・相手に配慮して話すことがこんなに難しいと思っていなかったので、これから意識して出来るようになりたい。
・相手によってアサーティブの方法が多種多様であり、演習を通じてその難しさを感じた。
・演習時間をもう少し長めに取って頂きたかった。
・今回の研修が生かされているか、数か月後に再度集まれる研修だとなお良いかなと感じた。