ホーム > 研修紹介 > 平成29年度 研修概要と実績 > 問題解決 研修概要
 職層別研修 能力向上部門
問題解決 
目標 ・問題の原因を把握し、解決する技法の習得を図る。
・事例研究を通じて、実践的な問題解決能力や、多面的・客観的な視点を身に付ける。
・グループワークを通じ、常に問題意識を持ち、その解決に取り組むための意識の醸成を図る。
向上能力 問題解決、課題発見、課題解決
対象 在職3年以上(主任・主事)で、問題を発見し、解決する手法を身につけたい職員
研修日程 【第1回】 7/20(木)〜21(金) 【第2回】 8/ 8(火)〜 9(水) 日数 2日
【第3回】10/23(月)〜24(火) 【第4回】 1/25(木)〜26(金) 時間 13:00
実施科目 科 目 名 時間数 科 目 内 容 方  法
問題解決 13:00 実務的な事例の研究を通じて、問題を発見し、解決する手法を学ぶ。 講  義
討  議
講師 研修所講師・市町村職員講師
研修所メッセージ
・日常業務で発生する問題から、課題をとらえ、検討を加えて解決策を策定していきます。
・問題解決の技法について、具体的な事例を使い、グループ討議を通して学びます。
・研修所講師(現・元市町村職員)のほかに、現役の市町村職員の方にも講師として登壇いただいております。講師の実体験などを交え、より身近で参考となる講義になります。
・研修効果を高めるために、テキストを事前に熟読し(研修約1か月前に送付)、研修に臨んでください。
参加した研修生の声
・問題が起こった際、これまでは対応をすぐ検討していたが、原因や現状についても熟慮する必要があると感じた。
・特定の考え方にとらわれず、物事を多面的・客観的に把握するために、問題解決のステップを踏んで整理することが有効であると思った。
・対応策の検討までのステップを、実際の場面で使いたいと思う。
・二日間の事例が生活環境に関するもののみであったので、福祉や税企画など、別のテーマの問題があってもよいと感じた。